日本労働衛生研究協議会の沿革


 この会は昭和54年(1979年)に発足しました。当時「日本労働安全衛生コンサルタント会」は未だ存在せず、産業医も、労働衛生コンサルタントも、労働安全衛生法に名称は登場したものの、その役割も活動も混乱と混迷の中にありました。
 
 そのような中で、数少ない歯科出身の「労働衛生コンサルタント」たちは、歯科界における産業保健の先駆者として、歯科出身のコンサルタント、および産業歯科医の地位向上に向けて懸命の活動をはじめました。そこには、このまま推移すれば、将来、産業保健領域から歯科が排除されるという強い危機感がありました。その緊迫感がこの会発足の原動力となってきました。昭和54年10月20日、矢崎の呼びかけに呼応した計7名の人たち(7人の侍)によって、日本歯科医師会館にて、発起人会を開催、同年、矢崎、鎌田により、第1回の懇話会(現、協議会)を開催しました。

 その後、大塚、細川、桜庭、藤田氏をはじめ、当会のメンバーによる地道な努力が続けられてきました。多くの人たちの無私の努力によって、歯科に対する産業保健世界での理解度も広がり、歯科医師の存在も自然、当然の形として認められるようになってきました。他方、歯科界は歯科医師過剰の時代に入り、その立場を再認識し、歯科以外の分野にも積極的にかかわる姿勢を見せるようになりました。産業保健への関心も高まり、歯科における労働衛生コンサルタントの存在価値も増してきました。

 この数十年間における、この会の存在は極めて大きなものであったと自負しています。ちなみに、コンサルタント活動は本来、歯科とは別領域のものという認識から、当初「歯科」を伏せて24(日歯)労働衛生コンサルタント会と称していました。それによって、歯科に拘泥することなく、純粋に産業保健の立場から活動を続けてこられたことも確かです。この精神は現在にまで引き継がれています。

 私たちは、歯科という背景を意識しながらもそれに拘泥せず、労働衛生コンサルタントとしての研鑽を深めるため変わらぬ努力と活動を続けています。下記のように40回を超える学術総会が開かれ、学術誌としての会誌も刊行を続けております。この間、着実にその実績が積み重さねられてきており、全国各地で活躍する歯科出身のコンサルタントは増えています。私たち 「日本労働衛生研究協議会」 は、これからも研鑽を重ねつつ、産業保健のさらなる向上に寄与していきたいと考えています。
(written by Yasaki T.)


総 会 場 所 開催年月日 大会担当者
24労働衛生コンサルタント懇話会
0  代表発起人会  1979年10月20日  矢崎 武
       
東京 1979年12月 8日 矢崎 武,鎌田守雄
北九州 1980年 5月31日 細川貞夫,鳥谷潤
大阪 1980年12月13日 田守悦男,福西啓八
名古屋 1981年6月27,28日 辻川次郎,大場明夫
横浜 1981年11月21日 内一実,北村博文
大宮 1982年 6月20日 児玉親一,岩本良三,石原輝弥
松本 1983年 6月12日 近藤武,林俊男
岐阜 1984年 6月10日 大口盛松,佐藤武男
名古屋
1985年7月13,14日
辻川次郎,大場明夫,金山敏治
10 東京 1986年7月12,13日 藤田雄三,桜庭幸夫
11 北九州 1987年7月12,13日 細川貞夫,柿木保明
12 千葉 1988年7月11,12日 大塚忠至,伊沢三樹
13 横浜 1989年6月24,25日 内一実,北村博文
14 東京 1990年7月21,22日 児玉親一,森田芳和
日本労働衛生研究協議会に改称
15 福岡 1991年7月13,14日 鳥谷潤,柿木保明
16 東京 1992年7月13,14日 大塚忠至,原康二
17 名古屋 1993年7月10,11日 辻川次郎,金山敏治,佐藤正明
18 盛岡 1994年7月16,17日 佐藤正俊,伊藤伸也
19 東京 1995年7月 8, 9日 鎌田守雄,原康二,桜庭幸夫
20 東京 1996年7月13,14日 大塚忠至,原康二,藤田雄三
21 松本 1997年7月13,14日 近藤武
22 静岡 1998年7月11,12日 鈴木秋雄
23 東京 1999年7月10,11日 大塚忠至
24 宇都宮 2000年7月 8, 9日 古谷野保,大塚忠至
25 名古屋 2001年7月14,15日 大場明夫,金山敏治
26 大宮 2002年7月 6, 7日 中島政史
27 東京 2003年7月 5, 6日 桜庭幸夫
28 奈良 2004年7月 3, 4日 田中和宏、西浦貞参、上田晴三、辻坂広介
29 東京 2005年7月 9,10日 宮路圭介
30 東京 2006年7月 8, 9日 桜庭幸夫
31 名古屋 2007年7月7, 8日 大場明夫
32 千葉 2008年7月12,13日 伊沢三樹
33
福岡 2009年7月4, 5日 柿木保明、加来 哲
34 さいたま 2010年7月3,4日 金子弘
35 京都 2011年7月2,3日 上田晴三
36 東京 2012年7月7,8日 阿部哲夫
37 名古屋 2013年7月20,21日 金山敏治、原康二、磯村篤彦
       
38  千葉  2014年7月12,13日  渡邉洋次、阿部哲夫、伊澤三樹
       
 39 福岡  2015年7月18,19日  柿木保明 
       
 40 東京  2016年7月17,18日  飯島裕之 
       
41  大阪  2017年7月22,23日  橘高又八郎、阪本貴司
       
42  津  2018年7月7,8日  羽根司人 
       
43  松山 2019年6月29,30日  久保奈知子 

現在に至る

もどる





Copyright : Japan Conference of Occupational Health Research design by tempnate
edited by Yasaki Takesh 

setstats